NTC Newtechデータで未来をつなぐ

翼システム株式会社お客様への導入事例をご紹介します。

翼システム株式会社
 

システムのコストがユーザーへの提供価格に直接反映するユーザーの利益を確保することが、我々の使命だ

自動車業界向けパッケージでは、業界で圧倒的なシェアを誇る同社は、常にお客様を最優先に、お客様の発展をご支援していく立場に立ち、今日も新しいチャレンジを続ける“オンリーワン”企業です。

コンピュータの黎明期より、購入した日から、誰にでも直ぐに使えるシステムを合言葉に業界単位のデータベースを整備し、ハードウェアも含めた真のパッケージシステム「パーツマン」「スーパーフロントマン」など、ユーザーの立場にたった製品を開発販売し、その基盤を作る。

データー量の急激な増加と、インターネット等インフラの急成長もあり、自然と同社のビジネスもASP方式による、オンライン方式へと展開。

 
ネットビジネス事業部情報システム部情報システム課課長 堀井泰博様と同課係長 苅谷夏樹様
 

「カーコンビニ倶楽部」「ヤマト車検」「リニューカー」などのアフター市場でのFC事業展開、ロードサービス事業「カーレスキュー70」、中古車検索情報メディア「カッチャオ」、リサイクル部品共有在庫システム「パーツステーション」、中古車両流通システム「AS-NET」、ポータルサイト「クルマdeドットコム」など、多種多様なビジネス展開を支える、ネットビジネス事業部情報システム部情報システム課課長 堀井泰博様と同課係長 苅谷夏樹様にお話を伺いました。

 

「業種に特化した生データを最初からセットにしたパッケージシステムの販売で急成長した訳ですが、ユーザーの立場に立って見ると、そのことはとても自然なことであり、今のビジネス展開も、その流れの中で出てきたものに過ぎません。簡単に説明しますと、自動車整備工場様へパッケージの販売→データ提供の最適化のためのASP事業→顧客誘導のためのロードサービスおよびフランチャイズ化→車両および部品情報共有のためのDB化、メディアへの告知など、お客様のニーズを具現化したにすぎません。そういったビジネス展開を支えるITシステムを提案、運用、管理する立場として、一番に考えなければいけないことは、サービスの継続性です。ビジネスの生命線とも言うべきITシステムを、堅牢でいかに安心してお任せいただくか。」

 

同社では、各事業についてそれぞれ独立したサーバを構築し、立ち上げの効率化と採算性の見通しをしっかりと把握出来る仕組みで運営されています。

 

ニューテックのストレージはこれまでに20システム以上採用され、Web、DB、Mail等のデータを格納し、24時間365日各拠点に配置されたデータセンターで稼働しています。

 

導入製品
導入製品

 

「ただ単に使い勝手がよく、堅牢であればよいのかというと、そういうわけにはいきません。システムのトータルコストがユーザーへの提供価格に直接反映するので、そのバランスが非常に難しい。また、ベンダー本位のシステムを、ただ鵜呑みで受け入れることは、ユーザーの利益確保につながらないだけではなく、我々自身の存在価値も疑われる。常に情報に敏感で正しい判断が要求される立場にあることを痛切に感じる。」

 

ニューテックと翼システム様の付き合いは長く、特にロングセラーモデルとなっているGLUシリーズの元となったXLシリーズは多くのお引き合いを頂戴いたしました。

 

「温度センサがついているハードディスクは初めて見た。」

 

当時のハードディスクは熱によるトラブルが問題になっていたので、この点に注目していただけたのは、情報に敏感で、運用経験の豊富な堀井様ならではと。

 

「ASPとしてはシステムのトータルコストがユーザーへの提供価格に直接反映するので、RAIDが低価格で手にはいるのは歓迎している。また容量単価下落のスピードを考慮すると、わざわざ大容量で高価な製品を導入する必要はない。一つの大きなディスクをシェアするより、各サーバに配置して運用するのことが、いまは弊社のビジネススタイルに向いている。導入当初IDE RAIDを採用することに不安がなかったわけではないが、すでに初期導入から2年以上が経過し、かなりのシステムを採用しているが、特に大きな障害を経験した記憶はない。」

 

“高コスト・過剰サービスになりがちなベンダー本位の発想を打ち破り、適正コスト・高付加価値で最適なカスタマ・サービスを提供し、サービスの機会均等とオープン化を実現する。

 

を品質方針とする弊社と翼システム様の方向性が合致した結果に他ならず、また、保守サービスに関しても、「メーカーのサポート体制を重視している。海外ベンダの製品を使っているが、受付窓口と実際のサポート部署が違うなど、一連の対応に疑問を感じることがある。その点、ニューテックは直接サポート担当と連絡を取れ、またその対応に満足している。」とコメントをいただきました。

 

今後のシステム導入に関しては、「システムの柔軟性を高められれば、ストレージはもっと使いやすくなるはず。メーカーとしてのニューテックにはその点を期待する。」と弊社のサポート力、技術力に対して高い期待と評価をいただき、身の引き締まる思いで取材を終えることができました。

 

設  立 : 1983年2月

代  表 : 代表取締役社長 尾上正志

売 上 嵩 : 565億円(2003年3月期)

従業員数 : 2,466名(2003年4月現在)

資 本 金 : 1億円

本  社 : 〒136-8507 東京都江東区亀戸2-25-14 立花アネックスビル

T E L : 03-3638-3737(代表)

事 業 所 : 全国43事業所

事業内容 : 業種別パッケージシステムの開発、販売

各種開発支援ツールの販売

カーアフター業界向けネットワークビジネス

「カーコンビ二倶楽部」による店舗開発、運営、商品開発、経営指導他

 

(2003/11/20)

 

関連リンク
SupremacyⅢ RAIDシリーズ
SweeprStorⅣシリーズ