NTC Newtechデータで未来をつなぐ

EvolutionII SATA(2U/3U/NAS)シリーズ サポート情報

ファームウェアの更新履歴

F.W.番号 リリース時期 分類 内容
2.80 2009/3/4~ 不具合修正 ・RAID5のリビルド時において、リビルド元のハードディスクに不良セクタがあった場合、不良セクタ管理テーブルに登録されない不具合を修正。
2.78 2008/11/12~ 機能改善 ・規格以上の電源ノイズなどにより筐体監視用のバスにエラーが発生した場合、複数のディスクドライブが切り離されないように改善。
2.77 2008/1/30~ 不具合修正 ・EvolutionIIコントローラ上のQLogic Chip と EvolutionII FCファームウェアの通信において ホストを特定するinitiator_id (通常はFCのloop id) が16以上の値の場合、SCSIの例外処理プロセスが正しく機能せず、誤ったステータスを返していた。
・GUIのmapメニューで表示されるIDが設定値と異なる。
2.76 2007/12/3~ 不具合修正 ・シリアルポートのボーレート設定において、表示は28800だが実際には19200になっていた不具合を修正。
シリアルポート1のボーレートを変更した後に再起動をすると、ボーレートの表示は変更されているが実際のスピードは115200のまま変更されない不具合を修正。
2.74 2007/8/22~ 不具合修正 ・2.73でシリアルポートから、若しくはLANポートにtelnetで接続してIPアドレス設定を行う場合、 IPアドレスの最終デジットが3桁であると正しく設定できない不具合を修正
例)
129.202.0.233 -> 設定できない
129.202.0.23 -> 設定できる
※IPアドレスをLANポート経由のGUIで設定を行う場合、この問題は発生しない。(Xport版はDevice Installerから設定、DigiConnect版はIP Settingで設定)
2.73 2007/8/3~ 機能追加 ・Auto-seek機能追加 一定時間間隔でHDDに対しSEEKコマンドを発行する機能を追加しました。これに伴いSystemメニューに"autoseek"と"autoseektimer"を追加しました。(デフォルトでautoseekはDisable、autoseektimerは5秒です)
※Auto-seekの設定方法はこちら
※旧バージョンへバージョンダウンした場合、この設定は失われます(Disableになる)
制限事項 ・100GB以下の容量のHDDでは使用できません。
SEEKコマンドをサポートしていないHDDでは使用できません。
上記の場合、自動的に有効・無効の切り替えは行いませんので手動で無効に設定してください。
2.72 2007/7/9~ 機能追加 ・Auto Badblock Scrub機能の[有効]/[無効]の切り替え(初期値は"Enable"です) (systemメニューからscrubコマンドで設定) ※旧バージョンへバージョンダウンした場合、この設定は失われます(Enableになる)
2.70 2007/2/8~ 不具合修正 ・ミラーのリビルド時において同期元ディスクに不良セクタが存在した場合、不良セクタ管理テーブルに登録されない不具合を修正(不良セクタ部分に対してリードを行うとエラーにならない。) ・空きスロットがある状態でRAIDを立ち上げたばかりのタイミングでホストからアクセスするとハングアップの様な現象が起こる不具合を修正。 ・・SATA-DMAエラー検出割り込み処理が複数回実行されてしまう不具合の修正。 ・Global RAID Status PageにおいてRAID_0, RAID_Nのステータスが正しく報告されていないことの修正。 ・RAID 0+1(三重以上)に於いて、ひとつのミラーセットがデグレードになった場合にリビルドが連鎖的に発生する不具合を修正。 ・RAID 5+1に於いてひとつのミラーセットがフェイルになった場合(RAID5+1におけるデグレード)RAID自体がフェイルになってしまう。 ・LANデバイスが暴走してRAIDコントローラが起動しなくなる不具合を修正。
機能追加 ・LOCAL RAID STATUS PAGE、SUPPORT LIST PAGEの追加。
2.65 2006/11/13~ 不具合修正 ・フェイルオーバー動作時、復帰に時間がかかるのを修正(FCケーブルを抜いた場合に受信中のSCSIコマンドをAbortする処理を追加)
・Diskメニューのinfoでシリアル番号を7文字しか表示していなかったのを、8文字表示するように修正
機能変更 ・電源投入時のDISK起動待ち処理の変更
機能追加 ・拡張SCSIコマンド Rev 3.00 対応(将来提供されるインバンド RAIDステータス取得の為の機能。現在はOEM向け)
GUI使用後にtelnetで接続した場合にメインメニューに戻るコマンド、"quit"を追加(今までは、ESCキーで戻っていた)
2.62 2006/10/16~ 不具合修正 ・RAID構成情報をディスクに保存する際にディスクからの応答が極端に遅い場合、RAIDコントローラが再起動してしまう不具合を修正
・MODE SELECTコマンドに対して必ずSTATUS GOODを返してしまう不具合を修正(FCモデルのみ)
仕様変更 ・START STOP UNITコマンドでSTOP状態となっている場合にTEST UNIT READYコマンドに対してNOT READYを返すように変更。(FCモデルのみ)
・CDBにサポートしていないベンダユニークコマンドおよびコントロールバイトが含まれていた場合に"SCSI CDB is Invalid"のログを記録していたのを停止。(SCSIモデルのみ)
2.60 2006/08/17~ 不具合修正 ・HDDの反応が悪い場合にRAIDコントローラが再起動する不具合の修正(パワーセーブ状態からの復帰を含む)
改善 ・パフォーマンスの改善
・HDDのタイムアウト時の初期化シーケンスを改善
仕様変更 ・shrinkの仕様を変更 ※詳細はこちらを参照ください。
2.52 2006/05/22~ 不具合修正 ・筐体の電源を切る際に、まれにフラッシュメモリの内容が書き換えられ、ファームウェアが正常に動作しなくなる不具合を修正
・シリアルメニューの表示の修正
2.50 2006/03/06~ 機能拡張 ・HDDの反応が悪い場合にRAIDコントローラが再起動する不具合の修正(パワーセーブ状態からの復帰を含む)
仕様変更 ・S-ATAの3Gモードをサポートする新コントローラへの対応。
・Sパワーセーブモードの追加。(手動でのモード切り替えが必要です)(規定値では1時間アクセスが無いとHDDのモーターを停止します)
・SOSからのStart/Stopコマンドを正式サポート。 (パワーセーブモードに切り替えていなくても、コマンドを受けるとHDDのモーターを停止してRAIDの消費電力を抑えます)
・S64bitLBAに対応したSCSIコマンドのサポート。 (1つのLUNで2TBを超えるボリュームをサービスできます。16台入りでRAID-0の場合、HDDが1TB超でも最大16TBまでが今回の制限)
・Sデグレード時に発見されたBadblockに、Writeが掛かった時の修復アルゴリズムを強化。
不具合修正 ・電源OFFの時、ログにECCエラーを記録してしまうバグを修正。
・Windows 2003 + SP1 で同一のSCSIチャンネルで複数のLUNをマップしている時に ディスクの容量が誤って表示される不具合を修正。(Windows 2003 SP1 からのSCSIコマンド仕様変更に伴う修正)
・RAIDのコンフィグレーションテーブルをHDDに記録する際に失敗するとシステムが再起動してしまうバグの修正。 (特にS-ATAの3Gモードをハードウェア的にサポートするHDD実装時に多い)
改善 ・ディスクキャッシュアルゴリズムの変更によるパフォーマンスの改善。
2.01 2005/07/13~ 情報 ・SolarisでのLVM(DiskSuite)における制限 ・LVMを構成したRAIDボリュームにはラベルが書き込まれますが、このラベルには各ドライブを識別するための番号としてRAIDコントローラのシリアル番号が含ま れます。このため以下のような制限があります。
・現在のところ、同一筐体でのマルチRAIDやマルチLUNでのLVM構成はできません。また、次のようなことを行った場合、メタデバイスとして認識されなくなります。
・コントローラを交換した場合(未確認ですが論理的にはそうなります)
・将来のファームウェアで同一筐体でのサポートを行った場合、そのファームウェアにアップデートした場合。