NTC Newtechデータで未来をつなぐ

Confidence ATA シリーズ サポート情報

Confidence ATA シリーズのバージョンアップ Tera Term proの準備

Confidence ATAのファームウェアをアップデートする時は、Z-Modemファイル転送をサポートしたVT-100互換端末を準備する必要があります。 なお、Windowsに標準添付されているハイパーターミナルは、カーソルキーによる制御ができないので、VT-100互換端末エミュレータに【寺西 高】氏の【Tera Term pro】を推奨しております。

【Tera Term pro】のホームページとバージョン
http://hp.vector.co.jp/authors/VA002416/
本稿は、 このホームページにある「Tera Term Pro ver. 2.3 for Windows 95/NT」をWindows 2000上にインストールし説明しております。
■ダウンロードとインストールの手順(簡単ですが)
1. Tera Termは、圧縮ZIPファイルでダウンロードされます。
(私の場合、不要になったファイルが整理し易いデスクトップ上にダウンロードします。)
2. Windows 2000上では、そのZIPファイルをマウスでダブルクリックすると自動的に解凍されます。
3. その解凍ファイルの中の"setup.exe"をマウスでクリックするとインストールが開始されます。(ガイドに従って容易にインストールできます。)
■RS-232C(シリアル)接続

TeraTermから接続する場合は以下の手順で行います。
File⇒New connectionを選択します。

以下の画面でSerialのボタンをチェックし、Comポートを選択します。

TeraTerm起動後、Setup⇒Serial portを選択します。

TeraTermの設定を以下の通りにし、OKを押します。

以下の画面が表示されるので、Terminal(VT100 Mode)を選択します。
(通常、枠線が文字化けしていますが、Terminalの選択で直ります。)

なお、VT100を選択しても文字化けが直らない場合があります。 その時はTeraTermをアンインストールしてから再度インストールすると直る場合があります。