NTC Newtechデータで未来をつなぐ

Arcserve Unified Data Protection(UDP) 技術情報

NUKB000009:リストアジョブが未完了となる事象について

■概要

Arcserve UDP Agent(Windows)でのリストア時、リストア ジョブが未完了となる事象について記述します。

■対象製品

Arcserve Unified Data Protection 7.0
Arcserve Unified Data Protection 8.0

■内容

エージェントにてリストアを実行中、一部のフォルダ、ファイルがスキップされる場合があります。スキップされた場合、リストアジョブのステータスは[未完了]で終了します。
なお、ステータスが未完了でもリストアは完了しているため問題ありません。

未完了となる原因は、スキップされたフォルダ、ファイルが下記の要因に合致する場合は、リストア完了後のステータスは[未完了]となります。
①リストアの前にファイルが存在し、競合オプションが「既存ファイルをスキップする」になっている
②WindowsまたはArcserve UDP Agent(Windows)にとって重要なコンポーネントであるために、以下のリンクに示されるファイルおよびフォルダがスキップされる。

(Arcserve 公式サイト)
リストア中にスキップされるファイルおよびフォルダについて
https://support.arcserve.com/s/article/210331913?language=ja

記載日:2021/07/01