NTC Newtechデータで未来をつなぐ

Arcserve RHA 技術情報

NAKB000057:ER00029 問題のあるジャーナル ファイルを C:/Program Files/CA/ARCserveRHA/Engine/tmp/~ に移動しました

■概要

Arcserve Replication/High Availability(RHA)でER00029ジャーナル ファイルのエラーに関して記述します。

■対象製品

Arcserve Replication/High Availability r16.5
Arcserve Replication/High Availability 18.0

■内容

エラーメッセージ
ER00029 ジャーナル
~ 問題のあるジャーナル ファイルを C:/Program Files/CA/ARCserve
RHA/Engine/tmp/ ~ に移動しました

上記のエラーは、レプリケーションの動作において、ジャーナルファイルに問題が検出された際に出力されます。
詳細内容としましては、マスタのRHAエンジンサービスはフィルタドライバ(XOMF)を読み込み、マスタルートディレクトリ(複製元のドライブ、フォルダ)にて更新が発生すると、このXOMFはその更新内容をOSのフィルタマネージャを経由し、スプール領域として指定されたファルダ配下のXOMFフォルダに発生した更新内容を記録したジャーナルファイルを作成しています。
(参考図(公式サイトより抜粋):Arcserve RHAレプリケーションの仕組み)
Arcserve公式サイト:https://arcserve.txt-nifty.com/blog/2019/10/post-05b171.html

マスタのRHAエンジンサービスによるレプリカ側のスプール領域への送信完了までジャーナルファイルを保持します。
このジャーナルファイルに問題が検出されると、マスタのRHAエンジンサービスは、ER00029エラーと共に、ジャーナルファイルをRHAエンジンインストールフォルダ配下の、「tmp」フォルダに移動する動作をしています。

■回避・対策

ジャーナルファイルの問題は、主にスプール領域がウイルススキャン対象としている場合に発生する場合があります。
その為、スプール領域をスキャンより除外することで、改善がみられる可能性があります。

(関連情報)
Arcserve公式サイト
スプール ディレクトリをウイルス スキャンから除外していないシナリオの実行時に問題が発生する
https://support.arcserve.com/s/article/202911125?language=ja

記載日:2021/02/10