NTC Newtechデータで未来をつなぐ

Arcserve RHA 技術情報

NAKB000048:スナップショットのストレージ パスが表示されない

■概要

Arcserve Replication/High Availability 16.5 SP7d未満のバージョンを利用してArcserveのスナップショット機能を利用している場合について記述しています。

■対象製品

Arcserve Replication/High Availability 16.5

■内容

Arcserve Replication/High Availabilityには、レプリカ側にのみ、スナップショットの機能をご利用することができます。
スナップショットを取得後、ビューの画面上において、ストレージ パス(スナップショットの保存先)が表示されないことがあります。

【ログの出力例】
Get local group name ~ ファイル名

■回避・対処

本事象は、Arcserve Replication/High Availabilityにおいて表示上の問題があり、修正パッチ「T00002046」を適用することで、対処可能です。
なお、本事象は表示上の問題だけでスナップショットのデータには影響がないため、パッチを適用しなくても動作上問題ありません。

・修正パッチ「T00002046」の提供は個別に行っております。
  ニューテック サポート依頼フォームよりお問い合わせ下さい。

【修正パッチの適用方法】

※Arcserve RHAのシナリオはすべて停止させる必要があります。
※シナリオ停止中は、マスタにファイル更新を行わないようにして下さい。

1.すべてのシナリオを[停止]させます。

2.マスタとレプリカのWindowsサービス画面より[Arcserve RHA エンジン]を選択し、サービスを右クリックしてサービスを[停止]させます。

3.マスタとレプリカの両方において、[ws_rep.exe]ファイルを保存用として以下のように名前を変更します。

[ws_rep.exe]のファイルは下記のパスに存在します。 パス:C:\Program Files\CA\ARCserve RHA\Engine

ws_rep.exe→名前変更[ws_rep.exe.org]

4.マスタとレプリカでT00002046.zipを解凍したws_rep.exeファイルをEngineフォルダにコピーします。
パス:C:\Program Files\CA\Arcserve RHA\Engine\

5.マスタとレプリカのWindowsサービス画面で「Arcserve RHA エンジン」 サービスを右クリックして開始します。

6.停止させているシナリオを開始させます。

7.シナリオ開始時、同期プロセスに関しての選択肢が表示されますが、パッチ適用時にマスタへの更新がない場合は、同期のスキップに☑(チェック)をいれることで、即時レプリケーションモードとなります。
パッチ更新中に、マスタに対してのファイル更新が存在する場合は、ファイルレベル同期を実施してください。

8.ストレージパスの表示はパッチ適用後に取得したスナップショットから表示されるようになります。

記載日:2020/11/20