NTC Newtechデータで未来をつなぐ

Windows OS サポート情報

Windows Updateの実行で一部のデバイスドライバが更新される件について

■概要

Windows Updateを手動で実施する際、デバイスドライバ(主にネットワークカード、プリンターなど)のドライバが一緒にインストールされる事象について記述しています。
(参考図 / Windows Server IoT 2019 for Storage)

■対象OS

Windows Server 2016/Windows Storage server 2016
Windows Server 2019/Windows Server IoT 2019 for Storage

■内容

ニューテックのWindows NAS OS(2016/2019)は、Windowsの自動アップデートは無効化されています。Windowsの更新を行うには、手動で「更新プログラムのチェック」を押すことで、必要なアップデート情報をインターネット経由で収集してアップデートが行われます。

この際、一部のデバイスのドライバも併せて更新が実施される場合がありますが、ニューテックでは、Windows updateにて更新されるドライバは動作保証しておりません。インストールを行う場合は、お客様の責任範囲で実施頂くようお願い致します。

なお、デバイスドライバのインストール初期設定は、自動ダウンロード「はい(推奨)」となっております。
手動でWindows Updateの更新を実施する前に、デバイスのインストール設定を「いいえ」にすることで、デバイスドライバの自動インストールは回避することができます。

【設定方法】
Windows デスクトップ画面⇒スタートボタンの横にWindows検索欄⇒デバイスのインストール⇒デバイスのインストール設定の変更⇒下記画面が表示されます。

記載日:2021/05/20