NTC Newtechデータで未来をつなぐ

Windows OS サポート情報

NET Framework 3.5インストール方法

■概要

.NET Framework 3.5 Featuresのインストール方法について記述しています。

■対象OS

Windows Server 2019
Windows Server IoT 2019 for Storage

■内容

.NET Framework 3.5 Featuresのインストールは、通常、Windowsのサーバーマネージャーのダッシュボードから、役割と機能の追加からインストールを行います。
Windows Server 2019では、インストールを行う際に、OSメディアが必要となりますので、ご注意下さい。

【インストール手順】

1. OSのメディア、またはOSのISOイメージをマウントします。

2. サーバーマネージャーの役割と機能から[.NET Framework 3.5 Features] に☑(チェック)を入れます。

3. インストール オプションの確認画面より、赤枠の代替ソース パスの指定を選択します。

※Windows Server 2016ではインターネットに接続できる場合は、代替ソース パスの指定は不要でしたが、Windows Server 2019では、代替パスの指定が必要になります。

4. パスにOSメディアの[ドライブ名:\sources\sxs]を入力します。

5. 代替パス入力後、[OK]を押して、インストールをクリックします。

6. インストール完了メッセージが表示されることを確認し、完了です。

記載日:2021/01/26