NTC Newtechデータで未来をつなぐ

FAQよくある質問をご紹介します。

R02-01 SupremacyⅢから修復を中止しました。という通知が届きました。装置の故障でしょうか?

SupremacyⅢではデフォルトでHDDの自動修復機能が有効になっており、深夜0時~1時にスケジューラーの設定がされております。

 

(通知の出力例)

NTC_EVENT_ID:00028013 RAID 124 の修復を中止しました。修復カウント: 576

 

上の出力例は深夜1時に修復機能を中断した際に出力される内容になります。

HDDの修復は一般的に1時間では終了しませんので、翌日の0時に中断された箇所から修復を再開し、また1時に中断され、ログを出力しながら少しずつ処理されていきます。

修復カウントにつきましては、不良セクタを検出して修復処理をした数を示しており、次第に増えていきますが、故障を示すパラメータではありませんので、基本的に修復カウントの数値が0~1000未満は無視して頂いて問題はありませんが、1000を超える数値が出力されている場合は、弊社カスタマーサポートまでお問い合わせ下さい。

なお、自動修復機能はHDD故障後のリビルド中に別のHDDも連鎖的に発生してしまう多重フェイルのリスクを抑制する為の機能になりますので、定期的な実行を推奨しております。