NTC Newtechデータで未来をつなぐ

Arcserve RHA 技術情報

NAKB000020:
ER00048 ~ 指定されたファイルが見つかりません。
について

■概要

本文書では、シナリオ実行中 ER00048 エラーが記録される事象について記載しています。

■対象製品

Arcserve Replication / High Availability r16.5
Arcserve Replication / High Availability 18.0

■内容

Arcserve Replication / High Availability(RHA)にてシナリオを実行している際に、以下のようなエラーメッセージが出力される場合があります。

エラーメッセージ例)
~: ER00048, message: イベント Rename ~ に対して実行できません。: 指定されたファイルが見つかりません。(2)

【ER00048 ~指定されたファイルが見つかりません。のエラーについて】
・レプリカ(複製先)側で、フォルダ・ファイル操作(削除、移動、編集、リネーム)や、 アプリケーションなどによるファイルのロックが行われると、キャプチャしたマスタ側の操作を反映することができなくなりER00048のエラーが記録されます。

・マスタ(複製元)で行ったフォルダ・ファイルの作成に関するジャーナルファイルが、レプリカのスプールに到達せず、レプリカにファイルが作成されない状態で、 マスタにてこのフォルダ・ファイル操作(削除、移動、編集、リネーム)を行った場合においても、 レプリカにはファイルが存在しないことによる記録、不整合と認識され、ER00048エラーが発生します。

■回避、対策方法

  • ・シナリオの実行中は、レプリカ(複製先)のフォルダ・ファイル操作を行わないでください。
  • ・レプリカ(複製先)のボリューム、フォルダ等をウイルス対策ソフトによるスキャン(リアルタイム、定時スキャン)対象から除外して下さい。
  • ・アプリケーションによるレプリカ上のフォルダ・ファイルの短時間のロックなどが発生する環境では、レプリカのシナリオ設定 [試行回数] [試行間隔(ミリ秒)] を増加させることで事象が改善する場合があります。

※デフォルト設定は、レプリカのフォルダ・ファイルがロックされていた場合は600ミリ秒間隔で100回、合計1分間のリトライを実行しています。

記載日:2020/02/26