NTC Newtechデータで未来をつなぐ

Arcserve RHA 技術情報

NAKB000018:
同期処理を実行中、イベントログにER00157、ER00033のエラーメッセージが出力されることがある

■概要

本文書では、同期処理を実行中、ER00157、ER00033のエラーが記録される問題について記載しています。

■対象製品

Arcserve Replication / High Availability r16.5
Arcserve Replication / High Availability 18.0

■内容

Arcserve Replication / High Availability(RHA)の同期処理を実行している際に、以下のようなエラーメッセージが出力される場合があります。

エラーメッセージ例)
①~: ER00157, message: ファイル ~ を送信用に開けません。: Unicode 文字のマッピングがターゲットのマルチバイト コード ページにありません。(1113)
②~: ER00033, message: ファイル ~ を開けません
③~: ER00033, message: ファイル ~ :$DATA を開けません

【ER00157のエラーについて】
同期処理は、スナップショット(VSS)のマウントをWindows OSにリクエストしています。 この取得した静止点のファイルリストを用いて、処理対象のフルパスを、Windows APIを経由しUnicodeに変換しています。
この際に、Windows OS側がエラーコード:1113を発報した場合に、ER00157エラーが記録される仕組みです。
このエラーはパス変換の際、Windows OS側が文字コードの問題により対象の読み出しに失敗した事を示していますが、 ArcserveのエンジンはWindows OSの読み出し状況には影響を受けないため、ER00157のエラーは無視することができます。

※一般的に、ER00157のエラー対象のほとんどは、ファイルに付加された代替データストリーム(ADS)になります。
※代替データストリーム(ADS)はファイル/フォルダの付加情報を格納する、NTFSファイルシステムの機能です。

NTFS の代替データ ストリームを使用する方法(マイクロソフト社公式)
http://support.microsoft.com/kb/105763/ja

■対処・対策

  • ・ER00157のエラーは無視することができます。
  • ・ER00157のエラーを出力させない設定は下記になります。
    シナリオ ⇒ オプション設定 ⇒ NTFS ADSをレプリケート [オン] ⇒ [オフ]

※シナリオが実行中の場合は、停止させる必要があります。

その他、参考サイト
同期実行中に代替データ ストリームを対象としたエラーが記録される
https://arcserve.zendesk.com/hc/ja/articles/212602143

【ER00033のエラーについて】
ER00033エラーは、同期処理中にマスタのエラー対象となるファイルのリストを取得する事ができなかった場合に記録されます。
同期処理は、マスタのスナップショットからファイルリストを取得、ソートし、レプリカに、マウントしたスナップショットと、 同一とする処理を行う動作ですが、ファイルリスト順での処理実行中に、既に削除や移動を行ってしまった場合、 ファイル自体が破損した場合に対して、該当ファイルが開けないことでER00033エラーを記録する動作となります。

例)
同期処理中に、マスタ上のファイルの削除 ⇒ 削除したファイルがER00033のエラーとして出力

■対処・対策

  • ①同期処理を業務終了後の夜間等、マスタの使用率が可能な限り低い(マスタ更新が少ない)タイミングに開始する事で、改善できる場合があります。
  • ②ER00033のエラーが生じた対象ファイルは、レプリカへの複製に失敗している可能性が考えられます。
    マスタ上の対象ファイルが破損していないか、開く、更新、保存などの操作ができるか確認を行って下さい。
  • ③ER00033のエラー対象のファイルを右クリック、プロパティ ⇒ NTFSアクセス権 ⇒ セキュリティ のタブが正常に表示できるか確認して下さい。
    開けない、グレーアウトしている場合、NTFSのアクセス権が破損している可能性があり、該当ファイルの修正、削除を行って下さい。
  • ④同期処理中に、ファイルを移動、削除した場合においても、エラーが出力されます。マスタに、エラー対象のパスにファイルが存在しない場合は、 移動、削除された可能性があるため、その場合は、対処する必要はありません。

記載日:2020/02/26