NTC Newtechデータで未来をつなぐ

NVIDIA DGX Station

PERSONAL SUPERCOMPUTER

  • DGX Station

    NVIDIA DGX Station

  • DGX Station

    NVIDIA DGX Station

  • DGX Station

    NVIDIA DGX Station

  • DGX Station
  • DGX Station
  • DGX Station
概要
  • 水冷・静音35dbで100V駆動が可能なデスクサイドモデル

    NVIDIA®DGX Station™はオフィスの机の下に収まるワークステーションサイズでありながら、従来の1/20未満の電力で約400CPUと同等のコンピューティング能力を得ることが可能です。また独自の水冷冷却システムにより、わずか35db以下という他のワークステーションと比べて1/10程度の動作音レベルを実現しました。
    TESLA V100(Volta)は倍精度で7.5 TFLOPS、単精度で15.0TFLOPS性能に加えてVolta世代から搭載されたTensor Coreにより120 TFLOPS演算性能を実現、深層学習では12倍、認識では6倍の性能を引き出します。
    各GPUを双方向50GB/Secという広帯域NV-LINKで相互接続し、マルチGPUの恩恵を最大限に引き出します。

主な特長
  • さらにパワーアップしたVOLTA世代のGPU

    さらにパワーアップしたVOLTA世代のGPU

    Tesla V100は、NVIDIA過去最高の210億トランジスタを集積しCUDA Coreを5120基搭載、これらにより倍精度で7.5 TFLOPS、単精度で15.0TFLOPS性能に加えてVolta世代から搭載されたTensor Coreにより120 TFLOPS演算性能を実現、深層学習では12倍、認識では6倍の性能を引き出します。

    さらにパワーアップしたVOLTA世代のGPU
  • ディープラーニングSDKのパフォーマンスを強化

    ディープラーニングSDKのパフォーマンスを強化

    NVIDIA®DGX Station™は、フレームワーク、ライブラリ、ドライバを最適化するためには、専門知識と労力が不要です。
    NVIDIAのリポジトリから提供されるコンテナパッケージで、素早くトレーニングや実験に入ることができ、システムインテグレーションやソフトウェアエンジニアリングが費やす貴重な時間を省き、導入費用を抑えることが可能になります。
    NVIDIA DGX Stationは、ユーザーのAI研究の導入を素早く開始させるために設計されており、プラグインとパワーアップを容易にさせ、たった1日でディープニューラルネットワークのトレーニングを開始することができます。

    ディープラーニングSDKのパフォーマンスを強化
  • 驚異的パフォーマンス

    驚異的パフォーマンス

    NVIDIA®DGX Station™では、CPUで約1ヶ月掛かる学習がわずか15時間で完結します。
    また新しく広帯域になったNV-LINK2により、同じ4GPUのマシンと比較しても2.4倍の学習速度を実現します。

    驚異的パフォーマンス
仕様
  • システム仕様

    GPU 4x Tesla V100
    演算性能(混合精度) 500 TFLOPS
    GPUメモリ 128GB(GPU4基の合計)
    NVIDIA CUDA® コア 2,560
    NVIDIA Tensor コア 20,480
    CPU Intel Xeon E5-2698 v4 2.2 GHz(20-Core)
    システムメモリ 256GB LRDIMM DDR4
    ストレージ Data:3x 1.92TB SSD RAID0
    OS:1x 1.92TB SSD
    ネットワーク 2x 10GbE
    ディスプレイ 3x DisplayPort、4K 解像度
    外部ポート 2x eSATA、2x USB3.1、4x USB3.0
    動作音レベル 35dB未満
    重量 約40kg
    サイズ(W×H×Dmm) 256×639×518
    最大消費電力 1,500W
    運用温度範囲 10℃~30℃
    ソフトウェア Ubuntu Desktop Linux OS
    DGX推奨 GPUドライバ
    CUDA Toolkit
価格表
  • 詳細につきましては、営業部までお気軽にお問い合わせください。

関連カテゴリーRelated Categories

サーバ製品実装に必要となる周辺機器もご紹介します。