NTC Newtechデータで未来をつなぐ

SmartNAS/Windows 2016

販売終了

Windows Storage Server 2016 Workgroupを搭載した小型で使いやすいNAS

SmartNAS

  • SmartNAS/iX

    SmartNAS/Windows 2016

  • SmartNAS/iX

    SmartNAS/Windows 2016

  • SmartNAS/iX

    SmartNAS/Windows 2016

  • SmartNAS iX 背面

    SmartNAS/Windows 2016 背面

  • SmartNAS/iX
  • SmartNAS/iX
  • SmartNAS/iX
  • SmartNAS iX 背面
概要
  • SmartNAS/Windows 2016は、OSにWindows Storage Server 2016 Workgroup(50クライアントライセンス)を採用しています。Active Directory(AD)を始めとしたWindows環境への親和性は言うまでもありませんが、ファイル共有プロトコルの最新バージョンである「SMB(Server Message Block)3.11」を採用していますので、同じくSMB3.11に対応したクライアントのWindows10と非常に親和性が高く、パフォーマンスに優れています。専門のIT担当者がいなくても、専用の管理コンソールを利用して簡単に設定できます。

主な特長
  • OS領域はSSD

    OS領域はSSD

    起動ディスクにSSDを搭載しているのでOSが約40秒で起動します。
    ※BIOSを抜けた後のWindowsの起動実質時間は約10秒。
    OS領域(SSD)が故障した場合は、SSDを交換することで復旧が可能です。標準添付されるリカバリDVDを使用して、工場出荷時の状態に復元し、データ領域には一切手をつけることなく回復できます。

    OS領域はSSD
  • 扱いやすく、設置しやすい高性能ストレージ

    扱いやすく、設置しやすい高性能ストレージ

    ほぼA4用紙の設置サイズに高性能DualコアCPUと大容量4GBメモリを搭載。ハードディスクも最大5本実装可能で、4TBハードディスク搭載時では物理容量20TBと一昔前のファイルサーバと同等性能。
    容量を気にせず使えるスマートさ。もちろんRAID構成で安全安心。

    扱いやすく、設置しやすい高性能ストレージ
  • 厳選されたハードウェア

    厳選されたハードウェア

    独自の採用基準によって選定された高信頼性ディスクを採用しています。さらに万全の検査工程で選別された良質なディスクのみを製品に使用しております。
    また、このクラスでは見過ごされがちな電源やファン、そしてコンデンサーに至るまで、厳しい調達基準で品質を保ちます。

    厳選されたハードウェア
  • 気軽に相談 サポートサービス

    気軽に相談 サポートサービス

    オンサイト保守サービスは、お客様のご利用環境を把握したサポートチームが、お客様の日々の運用をサポートいたします。全国展開のオンサイト保守網にのせ、技術者がスマートに対応いたします。(年額3万円から)

    気軽に相談 サポートサービス
構成例
  • SmartNAS/Windows 2016とCA Arcserve Replication/High Availabilityとの組み合わせ例:レプリケーション+HA

    レプリケーション+HA

    こんなニーズに応えます。
    ・障害からすばやく復旧し、業務の中断を1時間以内に抑えたい
    ・復旧作業から手作業を省いて、ミスを減らしたい

    レプリケーション+HAには、複製サーバ側で常に本番サーバの状態をモニタリングし、本番サーバでの障害発生時に、自動的に切り替え作業を行う「スイッチオーバー機能」が備わっています。ユーザは複製サーバへ自動的に誘導されるので、障害を意識することなく利用できます。そのため、管理者の手間をかけることなく、実質的な停止時間を最小化できます。

    レプリケーション+HA
  • 事例:集中データ管理

    事例:集中データ管理

    「もし洪水でサーバ室に浸水してしまったら・・・」「地震でビルが倒壊してしまったら・・・」
    そんな事態に備えて遠隔地へのバックアップは欠かせません。
    レプリケーション+HAなら、LANに比べて信頼性の低いWAN回線でも、データを難なく転送可能。遠隔地のサーバに自動でデータを複製できるので、毎週のテープ搬送に比べ災害対策の手間を大きく減らすことができます。さらに、障害時にバックアップ先を本番サーバの代わりとして使うことで業務の停止時間を短く抑えられます。

    こんなサーバ管理者にお勧め
    ・サーバの災害対策は行いたいが、徹底して予算を抑えたい
    ・少なくともデータだけは遠隔地にバックアップしておきたい
    ・テープ搬送で災害対策を行っているが、運用コストをさらに抑えたい

    事例:集中データ管理
  • 旧ファイルサーバからのデータ移行

    旧ファイルサーバからのデータ移行

    旧ファイルサーバ(非Windows)からのデータ移行もレプリケーション+HAのシングルサーバ・レプリケーション機能を使うことで簡単に実現することができます。
    CIFS/SMBのファイルサーバを新しいファイルサーバに接続(新しいファイルサーバからUNCパス指定(例:\\172.16.101.6\Share)することにより、新しいファイルサーバの別ドライブとして、レプリケーションの対象に設定が可能です。
    あとは、レプリケーションの機能(スケジューリングモードのみ)を使用して、新しいファイルサーバにデータ移行ができます。
    また、データ移行中、旧ファイルサーバへのアクセスを止める必要はありません。

    ①レプリケーションのマスタルートディレクトリにNASの共有フォルダー(例:\\172.16.101.6\Share)を設定 ②レプリケーションのスケジュールモードで本番サーバの共有ボリュームへレプリケーション実施

    旧ファイルサーバからのデータ移行
仕様
  • ハードウェア仕様(デスクトップモデル)

    モデル 2ドライブモデル 5ドライブモデル
    搭載ドライブ数 HDD×2、SSD×1 HDD×5、SSD×1
    対応RAIDレベル *1 1 5
    ホットスワップ
    ホットスペア
    CPU Intel Atom Processor D2500(1M Cache、1.86 GHz)
    メモリ DDR3 4GB
    LAN 転送規格 10/100/1000BASE-T,TX
    ポート数 2
    その他のI/F USB2.0×2、USB3.0×2、VGA(リア)
    転送速度 *2 102MB/s(Sequential Read)
    iSCSI イニシエータ/ターゲットサポート
    電源定格 100-200V AC50/60Hz
    消費電力 *3 最大時 140W
    運用時 60W
    アイドル時 50W
    外形寸法(W×D×H) 220×310×130
    重量 約6.7kg 約9.4kg
    動作環境 *4 温度:10~35℃、湿度:20~80%(結露なきこと)
    NAS OS Windows Storage Server 2016 Workgroup
    標準添付品 LANケーブル×1本(5m)、電源ケーブル×1本、ゴム足×4個、鍵×2個、ケーブルクランプ×1、保証書×1
    クライアント対応OS Windows Server 2012/2012 R2/2016、Windows 7/8/8.1/10
    UPSサポート *5 USB/Ethernet
    • *1 その他のRAID構成についてはお問い合わせください。
    • *2 Cristal Disk Markにて測定。5ドライブ搭載モデル、RAID5を使用。
    • *3 構成:3TB×5ドライブ搭載モデル、RAID5
    • *4 長期安定稼働のためには温度:20~25℃、湿度:40~60%を推奨します。
  • ソフトウェア仕様

    モデル SmartNAS/Windows 2016
    NAS OS Windows Storage Server 2016 Workgroup
    ファイルシステム NTFS
    システム管理 OS標準
    ネットワーク・プロトコル SMB、NFS v4.1、HTTP、FTP
    アカウント管理 ローカルアカウント
    NISアカウント
    アクティブディレクトリ ○(ドメインコントローラ機能なし)
    接続数制限 50ユーザまで
    ストレージ管理 クオータ管理
    接続可能容量 ライセンス制限なし
    最大共有サイズ 1筐体(6HDDまで)の最大容量まで
    パーミッション NTFSパーミッション
    NICチーミング
    ウイルス対策 Windows Defender
    バックアップ Windows Serverバックアップ
    クライアント対応OS Windows Server 2012/2012 R2/2016、Windows 7/8/8.1/10
価格表
  • 2台搭載モデル

    型番 容量 標準価格
    NSNBN001T02SANDW6W 1TB×2(Windows Storage Server 2016 Workgroup搭載モデル) 販売終了
    NSNBN002T02SANDW6W 2TB×2(Windows Storage Server 2016 Workgroup搭載モデル) 販売終了
    NSNBN004T02SANDW6W 4TB×2(Windows Storage Server 2016 Workgroup搭載モデル) 販売終了
  • 5台搭載モデル

    型番 容量 標準価格
    NSNBN001T05SANDW6W 1TB×5(Windows Storage Server 2016 Workgroup搭載モデル) 販売終了
    NSNBN002T05SANDW6W 2TB×5(Windows Storage Server 2016 Workgroup搭載モデル) 販売終了
    NSNBN004T05SANDW6W 4TB×5(Windows Storage Server 2016 Workgroup搭載モデル) 販売終了
  • シルバーオンサイト保守契約(平日9:00~17:30受付、4時間対応 *1) ※全国対応

    型番 保守内容 標準価格
    NO-NSNBNDW6WS 1年目シルバーオンサイト保守費(年額) \50,000
    NOS-NSNBNDW6WS 2~5年目シルバーオンサイト保守費(年額、部材費込み) \75,000
    NOS-NSNBNDW6WS/Y3 3年間シルバーオンサイト保守費(部材費込み) \120,000
    NOS-NSNBNDW6WS/Y4 4年間シルバーオンサイト保守費(部材費込み) \175,000
    NOS-NSNBNDW6WS/Y5 5年間シルバーオンサイト保守費(部材費込み) \240,000
    • *1:4時間対応可能な地域には限りがあります。詳細はこちらを参照ください。
  • ブロンズオンサイト保守契約(平日9:30~12:00/13:00~17:30受付、翌々営業日対応) ※全国対応

    型番 保守内容 標準価格
    NO-NSNBNDW6WB 1年目ブロンズオンサイト保守費(年額) \30,000
    NOS-NSNBNDW6WB 2~5年目ブロンズオンサイト保守費(年額、部材費込み) \45,000
    NOS-NSNBNDW6WB/Y3 3年間ブロンズオンサイト保守費(部材費込み) \93,000
    NOS-NSNBNDW6WB/Y4 4年間ブロンズオンサイト保守費(部材費込み) \138,000
    NOS-NSNBNDW6WB/Y5 5年間ブロンズオンサイト保守費(部材費込み) \182,000
  • センドバック保守契約(平日9:30~12:00/13:00~17:30受付)

    型番 保守内容 標準価格
    NSW-NSNBNDW6W 2~3年目センドバック保守費(年額、部材費込み) \10,000
    NS-NSNBNDW6W 4~5年目センドバック保守費(年額、部材費込み) \15,000
  • オプション

    型番 仕様 標準価格
    NSN-RK SmartNAS用ラックキット オープン
  • 予備ディスク(1年保証)

    型番 仕様 標準価格
    NSN-1T 1TB オープン
    NSN-2T 2TB オープン
    NSN-4T 4TB オープン
この製品の保証内容
    • ホストEther
      SATAディスク
    • VCCI
    • RoHS
    • グリーン
      購入法
    • 保証
      1年
ユーザーズマニュアル
リカバリーファイル
NAS OS・ソフトウェア情報
    • ソフトウェア更新プログラムのサポート

    • Windows Storage Server 2016におけるソフトウェア更新プログラムは、マイクロソフト社より提供されており、セキュリティのみの更新プログラム、セキュリティの月例ロールアップ、月例のロールアッププレビューがあります。

      弊社では、本NASシステムにおきまして、セキュリティのみの更新プログラム、またはセキュリティの月例ロールアップ毎での評価は行っておりません。

      ソフトウェア更新による誤動作を防ぐために、弊社から回答している更新プログラムのみ適用していただくか、お客様で事前に動作することをご確認頂いた上で、ソフトウェア更新プログラムの適用をお願い致します。

      また、ソフトウェア更新プログラム個々に関するマイクロソフト社のサポート技術情報にWindows Storage Serverにおいてサポートされない記述がある場合があります。その場合は、該当のソフトウェア更新プログラムは適用しないようご注意ください。

      もし、不可解な現象が発生し、問題が改善されない場合や他の機能に影響を及ぼす場合は該当のソフトウェア更新プログラムを削除していただくようお願い致します。

      ソフトウェア更新プログラムの入手

    • 使用開始直後はWindowsの自動更新が無効化の状態となっております。 不必要なソフトウェア更新プログラムが自動的に適用されることを避けるため、自動更新を無効に設定しております。

      自動更新を有効化したい場合は、Windows自動アップデートの設定についてをご参照下さい。

      ソフトウェア更新プログラム情報

    • 弊社から回答した実績のあるソフトウェア更新プログラムの一覧と、マイクロソフトからサポートされていないソフトウェア更新プログラムの一覧を記します。詳細についてはマイクロソフトのサポートオンラインから個々の文書番号のサポート技術情報を検索してご覧いただきますようお願い致します。

    Windows Storage Server 2016

    回答実績のあるソフトウェア更新プログラム

    現在回答実績のあるプログラムはありません。

     

    不具合の確認されたソフトウェア更新プログラム

    タイトル 事象 回避策
    KB4034658の既知の問題 Windowsの[更新履歴]に以前インストールした更新プログラムが表示されません。 KB4039396で解決されています。

    動作確認済み更新プログラム

    KB4056890

    ※適用後、機器の再起動が必要になります。

    ※一部のウイルス対策ソフトウェアに動作影響があるため、適用時はご注意下さい。

    ※適用後、ハードウェアにおける性能低下がみられる場合がございますが、運用に支障のでるような低下はございません。下記ベンチマーク結果の画像をご参考下さい。

     

    上記パッチファイルは下記の脆弱性に対して対策されています。

    (1)「Bounds Check Bypass」(共通脆弱性識別子:CVE-2017-5753)「Spectre(スペクター)」

    (2)「Branch Target Injection」(CVE-2017-5715)「Spectre(スペクター)」

    (3)「Rogue Data Cache Load」(CVE-2017-5754)「Meltdown」

     

    パッチに関する詳細内容はマイクロソフト社の以下のサイトをご参照下さい。

    https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4056890/windows-10-update-kb4056890

     

    この更新プログラム適用後、一部のシステムでは性能低下がみられる場合がございますが、運用に支障のでる数値ではありませんので、ご安心下さい。 一部のモデルにて、更新プログラムの適用前と後のベンチマーク結果を下記に記載しております。

     

    性能低下に関する資料は下記のサイトをご参考下さい。

     

    マイクロソフト社(外部サイトに移動します)

    https://cloudblogs.microsoft.com/microsoftsecure/2018/01/09/understanding-the-performance-impact-of-spectre-and-meltdown-mitigations-on-windows-systems/

     

    インテル社(外部サイトに移動します)

    https://newsroom.intel.com/editorials/intel-security-issue-update-initial-performance-data-results-client-systems/

     

    KB4056890適用前、適用後のベンチマーク結果

    KB4056890適用前、適用後のベンチマーク結果  

    KB4074590

    CVE-2017-5715の脆弱性に対処するために 追加されたパッチ。

    ※適用後、機器の再起動が必要になります。

    ※一部のウイルス対策ソフトウェアに動作影響があるため、適用時はご注意下さい。

    ※Credential Guard が有効になっている機器ではCredential Guardを無効にして下さい。

     

    このパッチに関する詳細内容はマイクロソフト社の以下のサイトをご参照下さい。

    https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4074590/windows-10-update-kb4074590

BIOSアップデート情報
  • 現在標準搭載しているBIOS[F05]が最新バージョンです。

関連するFAQ
OS・その他のFAQ
  • OS(Windows)に関するFAQはこちらをご覧ください。

ソフトウェア使用許諾契約

使用許諾および制限
本ソフトウェアは一回につき一台のコンピュータにのみインストールし、使用することができます。
お客様は、本ソフトウェアの複製、逆コンパイル、逆アセンブル、リバースエンジニアリングすることはできません。
また、本ソフトウェアの全部または一部を複製、修正、リース、転売、頒布または二次的著作物をつくることはできません。
著作権
本ソフトウェアの著作権は、株式会社ニューテックに帰属します。
譲渡
本ソフトウェアを第三者に譲渡することはできません。
契約発効時
本ソフトウェアをインストールした時から有効となります。
ただし、お客様が本契約の条項にひとつでも違反した場合、本契約は自動的に終了し、お客様は直ちに本ソフトウェアを破棄しなければなりません。
準拠法
本契約の条項の解釈は日本の国内法に準拠してなされるものとし、本契約に関して生じた紛争は、東京地方裁判所を管轄裁判所とします。