NTC Newtechデータで未来をつなぐ

RamSan300/400/440

販売終了

FC-SANをさらに高速化させるシリコンストレージ

  • RamSan300/400/440

    RamSan300/400/440

概要
  • RamSan300/400/440は、高速性を追求して設計された半導体ディスク装置です。一次記憶装置として、SDRAMを用いた高速なデータ記憶方式が採用されており、3GB/秒の内部帯域幅、400,000IOPSの処理能力、ゼロ遅延が実現されているため(いずれもRamSan-400モデル)、ディスクベースの高速なRAID装置では不可能な驚異的なパフォーマンスが得られます。

    (輸入元:システムクリエイト株式会社)

主な特長
  • シリコンストレージ

    記録密度の向上によりハードディスクの容量は約一年半で倍増するものの、IOパフォーマンスは僅か15~20%しか上がらないのが実態です。それはデータアクセス時に機械的動作をどうしても省けないハードディスクのメカニズム的宿命とも言えます。複数台ハードディスクへデーターを分散処理するRAID技術は、ある程度このIO遅延問題を改善できますが、やはり限界があります。接続インターフェースがUltra160からUltra320、FCへと高速化が進み、内部バスも64bit/66MHzの広帯域のものが主流になる一方、結局HDDのIO遅延がボトルネックになり、どんな優秀なRAIDアルゴリズムでもスペックの6~8割しかパフォーマンスを出せないのが一般の見識です。それに対し、SDRAMを記録媒体とするシリコンストレージは機械動作不要でランダム・シーケンシャルに関わらず、常に最高速のIOパフォーマンスが得られます。

     

    400,000IOPS

    RamSan-400は、毎秒 400,000 I/Oを処理できる、世界最速の性能と経済性を備えた超高速半導体ディスク装置です。RAIDの100倍以上という大量のI/Oを処理できるため、オンライン処理データベース、統合業務システム、データ・ウェアハウス、シュミレーション解析、科学技術計算といったアプリケーションのパフォーマンスを驚異的に改善できます。 ※RamSan-300は200,000IOPS

    RamSan構成図  

    遅延時間14μ秒以内

    ディスクベースの記憶装置では、ヘッドのシークやドライブの回転といった機械的な動作を伴うためms単位の遅延が発生しますが、RamSanは、データをメモリ上に置きますので、遅延はありません。ディスクベースのRAID装置では、特にランダムアクセスにおいて、パフォーマンスが極端に低下しますが、RamSanでは、データサイズの大小、シーケンシャル/ランダムアクセスに係わらず、あらゆる動作において14μ秒以内でのデータアクセスを保証します。

     

    用途に合わせて2モデルをラインアップ

    RamSan300/400は、お客様のシステム要求に合わせて2つのモデルをラインアップしています。 RamSan-400は400,000IOPSという世界最高のI/O処理能力を誇り、32GB~128GBのメモリー容量、RamSan-300は200,000IOPSのI/O処理能力、16GB~32GBのメモリー容量を持つ超高速ストレージです。共に3Uサイズの筐体で、ローエンドからハイエンドのシステムにおいてパフォーマンスの向上に効果を発揮します。メモリ容量・ホスト帯域(ホストポート数)などの拡張性に優れたRamSan-400、小規模システムにも導入しやすいエントリークラスのRamSan-300がラインアップに加わりデータベース、科学計算、ノンリニア編集など様々なアプリケーションにおいてシステムを容易に高速化させることができます。

     

    信頼性の高い記憶装置

    信頼性の問題は、データ記憶装置にとって欠くことのできない重要な課題です。RamSanは、アップタイムの期待値が99.999%達成を目標に設計されています。データ保全のために、一次記憶にはECC回路付きのメモリを、二次記憶にはバックアップ用のディスク・ドライブを標準搭載されています。また、電源は二重化されホットスワップ可能です。さらに、内部バッテリにより停電時でも大切なデータを失うことはありません。

     

    2つのバックアップモード

    RamSanにはLUNをバックアップ用のディスクにバックアップするためにデータシンク、アクティブバックアップ(オプション)の2つのモードが用意されています。データシンクはメモリ上のデータをシャットダウン時に内蔵HDDにセーブします。そして、アクティブバックアップでは、LUNのデータを適時ディスクにセーブしますので、パフォーマンスとデータ保全を両立させます。

     

    ファイバーチャネル・InfiniBand接続

    RamSanは2つのファイバーチャネルポート、またはInfiniBandポートを持つインターフェイスカードにより、速度とプロトコルに対する柔軟性を実現しています。RamSanは、ファイバーチャネルのSANに接続するだけで、OSから通常のディスク・ドライブとして認識され、他のストレージ装置と同様にアクセスできるようになります。またInfiniBandは『Bandwidth Out of the Box』をコンセプトとし開発され、サーバ間~ストレージを高速に接続することが可能となります。

     

    用途例

    ● 大量メールの配信時間の短縮
    ● DBパフォーマンス改善
    ● ERP/CRM/SCMシステムのパフォーマンス改善
    ● 大量データのバッチ処理時間の短縮
    ● オンラインシステムのレスポンス向上
    ● 認証サーバのパフォーマンス改善

仕様
  • 製品名 RamSan-300 RamSan-400 RamSan-440
    IO処理性能 200,000IOPS 400,000IOPS 600,000IOPS
    メモリ容量 16/32GB 32/64/96/128GB 128/256/512GB
    使用メモリ DDR RAM
    ホストポート(FC-4Gbps and/or 4x InfiniBand) FC-4Gbps :標準2ポート~最大4ポート
    4x InfiniBand :標準1 ポート~最大2ポート
    FC-4Gbps :標準2ポート~最大8ポート
    4x InfiniBand :標準1ポート~最大4ポート
    FC-4Gbps :標準2ポート~最大8ポート
    4x InfiniBand(予定) :標準1ポート~最大4ポート
    外部スループット(帯域) 1.5GB/秒 3.0GB/秒 4.5GB/秒
    遅延時間 15μs以下
    バックアップディスク 2台(ミラーリング) 4台(RAID3)データ保護 5台(Flash, RAID3)データ保護
    電源装置 2台(HotSwap可能)
    バッテリ 2個搭載(停電時などバッテリバックアップに使用) 3個搭載(停電時などバッテリバックアップに使用)
    バッテリ稼働時間 30分間
    冷却ファン 冗長性あり
価格表
  • RamSan-300 価格表

    型番 容量 標準価格
    RamSan-300-16 16GB 販売終了
    RamSan-300-32 32GB 販売終了

    RamSan-400 価格表

    型番 容量 標準価格
    RamSan-400-32 32GB 販売終了
    RamSan-400-64 64GB 販売終了
    RamSan-400-96 96GB 販売終了
    RamSan-400-128 128GB 販売終了

    RamSan-440 価格表

    型番 容量 標準価格
    RamSan-440-128 128GB 販売終了
    RamSan-440-256 256GB 販売終了
    RamSan-440-512 512GB 販売終了
この製品の保証内容
    • メーカーオンサイト
      1年