NTC Newtechデータで未来をつなぐ

Sun用 Ultra320 SCSIカード

販売終了

PCI-Bus対応 SCSI 2CHモデル Ultra 320 SCSIカード

  • Sun用 Ultra320 SCSIカード

    Sun用 Ultra320 SCSIカード

仕様
  • 対応機種 (PCI拡張バス搭載機種):Sun Blade 100, 1000、Sun Ultra 10,30,60,80、Sun Enterprise 220R,250,420R,450,3000~10000
    (PCI I/Oボード搭載機種):Netra t1 100,t1,105,t1125,T1400,T1405(PCI2.1以上2を搭載したもの)
    対応OS 対応OS:Solaris 2.6/7/8/9(SPARC)(Solaris2.5.x以前のバージョンには対応していません)
    その他のOSについてはお問い合わせください。
    外部インターフェース/コネクタ形状 LVD対応 Ultra 320 SCSI/VHDCI(V型)×2
    転送レート 320MB/s×2ch
    PCIバス仕様 3.3V/5V、64bit、66/133MHz、PCIバス及びPCI-X
    外形寸法/重量 110.0(W)×180.0(D)mm/0.12kg
    標準添付品 ドライバディスク(ケーブルは別売り)

    対応OS一覧表

    対応OS FCインターフェースカード SCSIインターフェースカード
    NPCI2300FC/HSD NPCI2300FC/LC NPC-160LVDV-L NPCI-320LVDV *1
    WindowsNTsp5
    Windows2000
    Windows2003
    Linux 2.4系
    Linux 2.2系 × ×
    Solaris 2.5.x × × × ×
    Solaris 2.6 × × ×
    Solaris7
    Solaris8 ○ *2
    Solaris9 ○(ドライバ不要) ○ *3
    • *1 32bit PCIには、対応しておりません。
    • *2 Solaris8は、release2/02以降のバージョンであればドライバのインストールは不要です。
    • *3 Solaris9は、release12/03以降はドライバのインストールは不要です。
    • ※ その他のOSについては、お問い合わせください。

    ■ニューテック製RAIDの推奨接続台数

    同一SCSIバス・FCループ上に接続するデバイス(ノード)数が増えると、パフォーマンスの低下やノイズの影響によるI/Oエラーが発生することがあります。このため、ニューテックでは、SCSIやFCの規格とは別に、推奨接続台数を定めています。システムアップの際、参考にしてください。

     

    推奨接続台数

    ●SCSIモデル:4台 ●FC(メタル)モデル:5台(内蔵FCハブモデルに限る)
    ※NPCI-80LVD・NPCI-160LVDV・NPCI-320LVDVは、Solarisのブートは可能ですが、CDインストールはできません。

価格表
  • 型番 標準価格
    NPCI-320LVDV 販売終了
この製品の保証内容
    • 保証
      1年
Bootの手順
  • 弊社SCSIカード に接続されたハードディスク機器からBootを行うには、以下の手順が必要です。これは、OSのCD-ROM内にドライバが入っていないことに起因します。

    1. Sun標準でサポートされているSCSIに接続されたディスクに対して通常のOSインストールを行う。

    2. 通常のOSインストールがなされたディスクにカードのドライバインストールを 行う。

    3. ドライバが組み込まれたディスクから、NPCI-160LVDVに接続されたディスクに対して、dump、restore,installbootを使用してOSのコピーを行う。

    標準でSCSIインターフェースを持っていない 機種(例Sun Ultra5, Ultra10等)や標準搭載のSCSIバスは内蔵のSCSI機器専用の機種(例Sun UltraEnterprise450等)に新たに複数台のHDD等を増設する場合に必要なSCSIカードです。