NTC Newtechデータで未来をつなぐ

SANとNASの特長と比較お客様へのOS関連コラムをご紹介します。

本ページに記載された技術情報は記事が出稿された時期に応じて推奨システムに対する考え方や実現方法が書かれています。
したがって、最新技術でのシステム構築を前提とし、この情報を利用する場合、その記事が時代に沿わない内容となる事もありますので予めご了承ください。

 

処理を複数のサーバに分散する時には、ストレージに保存されたデータの共有利用を必要とする場合があります。今まではデータの処理量に応じて大容量データを扱うシステムにはSAN、それ以外、もしくは低コストに抑えたい場合にNASがストレージ構成として用いられていました。しかし、昨今ではFCデバイスの低コスト化で形態によってはSANも安価に構築でき、またSANとNASの共存などさまざまな導入形態がとられ始めています。ここでは、SANとNASの特長を改めて整理・比較し、さらにデータの共有利用を目的とするストレージシステム構築の昨今の流れついてご紹介いたします。

 

導入の容易なNAS (Network Attached Storage)

NFS、CIFSなどで共有しているサーバのストレージ部分を取り出し、ファイルサーバとして専用OS、専用LANインターフェイスをつけて既存ネットワーク上に置いたものをNASと呼びます。

 

NASの特長

NASの最大の特徴はIPネットワーク上に設置しますので、大がかりなインフラの整備もなく導入が容易なことです。専用のソフトウェアも必要ありませんので、低コストで設置できます。それにNASはファイルサーバですので、管理が非常に楽で、SANに関する専門知識がなくても問題ありません。

一時はIPネットワーク上のトラフィックの圧迫が気にされましたが、元々それらは構成によるところも多く、最近ではGigabit Ethernetが普及したおかげでパフォーマンスは向上し、問題視されなくなりました。

データ転送においてはファイルレベルのアクセスになり、データはNAS-OSのファイルシステム上に保存されます。

 

大規模データ処理に適したSAN(Storage Area Networks)

LANから独立したストレージネットワークを構築し、ストレージを統合したものをSANと呼びます。

 

SANの特長

SANは専用の管理ソフトウェアを用いてストレージ独自のネットワークを構築します。それらのストレージネットワークは複数サーバで利用可能です。それぞれの使用ニーズに合わせてストレージの分割、再分割ができます。そのため、データの保存は接続されたサーバOSのファイルシステムになります。主な接続には高速で信頼性の高いFCが利用され、ブロックレベルのアクセスを行いますので大容量のデータの取扱い、頻繁に多くのアクセスを要求されるデータベースサーバにも適しています。

ただ、大規模なSANになると管理のスキルと専門知識が必須となり、導入時も大がかりなインフラの整備が必要になります。

 

新しい流れ

従来のSANストレージネットワークにおけるノード間の接続は、全てFC技術の上に成り立っていましたが、昨今IPプロトコルを利用したiSCSIが登場し、ストレージをIPネットワークで構築するSANが出てきています。一般的には前者をFC-SAN、後者をIP-SANと呼んでいます。

 

IP-SAN(iSCSI)

iSCSIプロトコルは、SCSIコマンド、データなどをTCP/IPで転送できるようにカプセル化し、IPネットワークによるストレージネットワークを可能にしました。IPストレージネットワークの利点は、既存のIPデバイスの流用ができることで、FCの低価格化が進んでいる中、さらにSAN構築の導入コストを下げるものと言われています。FCのチャネル方式と違い、IP通信は接続サーバのホストCPU消費率を高めますが、今ではTOEカード※1もリリースされていますので併用することでCPUリソースを保護することも可能です。

 

※1 TOEカード(TCP/IPオフロードエンジン)
TCP/IP パケットの処理をハードウェアで行う拡張カード。IPSec 、iSCSIに対応した製品も出ています。

 

SANとNAS、両者の特徴を活かす導入を

NASの高機能化、FCの低価格化とiSCSIの登場によるSAN導入コストの低下などで、今では両者ともに豊富な種類の製品が存在します。その流れはユーザ側の選択肢を広げ、NAS、SANの新しい可能性を生み出しています。