ホーム > サポート情報 > FAQ > RAID > QBOXに関するFAQ

サポート情報
サポート情報 Support information
FAQ
QBOXに関するFAQ
全般 -よくあるお問い合わせ-
Q
冷却ファンはついていますか?
A

背面に2個、6cmファンが搭載されています。

Q
USB接続時にUSB2.0として認識してしまう
A

本製品の電源をONにしたままUSBケーブルを接続すると、接続するタイミングによってUSB2.0機器として認識してしまう場合があります。本製品の電源はOFFの状態で各ケーブルを接続し、電源スイッチをONにしてください。

Q
1TBのHDDを4台でRAID5を組んだが、WindowsXPで認識しない
A

RAID5の場合、3TBのボリュームが作成される事になりますが、WindowsXPの場合、OS側の制限で2TBまでのボリュームしか認識出来ません。2TBのボリュームを2つであれば認識可能です。(WindowsVista、7であれば2TB以上のボリュームを認識可能です)

Q
OS起動は可能ですか?
A

USB接続時は不可能です。eSATA接続時はご使用のeSATAインターフェースに依存します。詳しくはご使用のeSATAインターフェースのメーカーにお問い合わせください。

Q
ClearRAIDで使用時、eSATAで接続すると1台しかHDDを認識出来ない
A

ご使用のeSATAインターフェースがポートマルチプライヤに対応していないと1台目のHDDのみが認識される状態になってしまいます。ポートマルチプライヤ対応のeSATAインターフェースを別途して接続を行ってください。

Q
eSATA接続時、Windowsが起動後に接続すると認識されない
A

eSATAのホストアダプタの仕様やモード設定によっては、パソコンの起動時に本製品を接続しておかないと認識できない場合があります。お使いのeSATAホストアダプタの仕様をご確認ください。
また、マザーボードのeSATAポートを使用している場合、BIOS上でSATAの動作モードがIDE互換モードになっていると、Windows 起動後の接続ができません。 この場合は(AHCIモード)に変更することで改善する可能性があります。
※システムの起動HDDと本製品が同じSATAホストに接続されている状態でモード変更を行うと、Windowsが起動しなくなる場合がありますのでご注意ください。

Q
ディップスイッチを変更したが設定が反映されません
A

ディップスイッチを変更後、モード設定ボタンを押しながら電源を入れ、設定値を保存しないとモード設定が保存されません。再度ご確認ください。

Q
RAID5のリビルドはどれくらいの時間がかかりますか?
A

ご使用のHDDの容量、速度、QBOXへのアクセス状態によって大幅に時間は変動します。あくまで目安になりますが、1TBのHDDで5時間前後の時間となります。

Q
他の機器で使用していたデータの入ったHDDを入れて、そのままデータにアクセス出来ますか?
A

ClearRAID時であれば使用出来る可能性がありますが、以前ご使用頂いていた環境によってはご使用できない場合があります。使用できない場合はフォーマットを行う必要がございます。不慮の事故におるデータの消失を避けるためにも、データが入ったHDDを接続する場合は必ずバックアップをとってからの作業をお願い致します。

Q
2TB以上のボリュームを作成したが、フォーマットしようとすると2TBで分割されてしまう(Windows7、Vista)
A

2TBを超えるボリュームを使用する場合は、HDDの初期化形式をGPT形式にする必要があります。MBR形式で初期化を行っていないか確認してください。

Q
HDDは1台のみでも使用出来ますか?
A

使用出来ますが、RAID構成を行うことは出来ません。

Q
eSATA、USBをそれぞれ別のPCに接続して同時に使用することは可能ですか?
A

残念ながら出来ません。

Q
データが既に入っているHDDをミラーリングすることは可能ですか?
A

残念ながら出来ません。RAID設定後、フォーマットが必要になりますのでデータを別のメディアにバックアップする必要がございます。

Q
QBOXを5台以上接続するとRaidManager for QBOXが異常終了してしまう
A

仕様となります。4台までの接続でRaidManager for QBOXを起動するようにしてください。尚、RaidManager for QBOXを起動していなくても設定した内容は保持されていますので、RaidManager for QBOXを起動していない状態であれば、5台以上のQBOXを接続、使用可能です。

FAQトップへ戻る
ページの先頭へ戻る