ホーム > IR情報 > 株主通信

IR情報 ir information
株主通信
代表取締役社長 柳瀬 博文

株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。


2018年度、第37期第2四半期累計期間のグループ全体の売上高は1,422百万円(前年同期比20.4%増)、経常利益111百万円(前年同期比55.4%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は75百万円(前年同期比63.7%増)となり、通期予算達成に向けて順調な進捗状況となっております。


販売強化戦略の対象製品である大容量NAS製品「Cloudyシリーズ」、監視カメラ用ストレージ「Vess/Nessシリーズ」、法人向けUSBストレージ「QBOXシリーズ」をそれぞれお客様の用途に最適な提案をもって積極販売した結果が上半期の成果につながりました。


第3四半期以降は、昨今話題のAI(人工知能)・ディープラーニング導入のシステム構築が進むなか、ストレージサーバ用途の製品販売にも一層注力いたします。とりわけ、米NVIDIA社のGPUを搭載可能なサーバ「Cloudy DP」は、HPC(高性能計算)市場でのプレゼンスが高まりつつあり、大学研究機関や企業の開発部門のお客様からの引き合いが増えております。


株主の皆様におかれましては、当社の今後にご期待いただくとともに、温かいご支援を賜りたくよろしくお願い申し上げます。


代表取締役社長 柳瀬博文


 

第37期 第2四半期株主通信

PDF (PDF/1.04MB)


 
バックナンバー
ページの先頭へ戻る