2018/4/17

2.5インチディスクサイズにM.2 SSDを2枚搭載した
ミラーリングユニット(NRUA-KM***シリーズ)を発表

株式会社ニューテック(本社:東京都港区、代表取締役社長:柳瀬 博文、JASDAQ:6734)は、NCQと暗号化に対応したKiteシリーズのアーキテクチャを使い、M.2 SSDを2枚搭載した 2.5インチディスクサイズのハイパフォーマンスで信頼性の高いミラーリングユニットを発表します。


ミラーリングユニットは、コンピュータの補助記憶装置であるディスクドライブ(HDDやSSD)の障害に伴うデータ喪失やシステムダウンのリスクを排除するためにディスクドライブ2台を1つのユニットの中に搭載し自動的にデータをミラーリングする機能をもった装置です。本製品は、2.5インチのディスクサイズという小さなサイズの中にミラーリングコントローラ(Kite)とM.2 SSDを2枚搭載しており、単体ディスクのように扱うことができます。


本製品は、昨年発売を開始し好評を頂いているKiteシリーズの応用製品です。 既存のKiteシリーズと同様IDE(*)モードでもAHCI(*)モードでも動作可能で、AHCIのメリットであるNCQ(*)コマンドもサポートしているほか、故障SSDの交換で取り外したSSDからのデータ漏洩などのセキュリティーリスクにも配慮し、データを暗号化してSSDに書き込む機能もあります。 既存のKiteはコントローラカードのみの製品ですが、本製品はコントローラとM.2 SSDを2.5インチディスクサイズに一体化したもので、1台のSSDのように設置可能です。 コンピュータからも論理的に1台のディスクとして認識されるようになっていますので、ミラーリング機能を意識する事なく既存のシステムに一般的なSSDのように容易に導入することができます。また現在お使いのディスクを置き換えることも簡単にできます。


大容量低コストを重視される場合や3重化が必用な場合は、従来のKiteシリーズ ミラーリングカードとHDDの組合せ、省スペースを重視される場合にはKiteシリーズ ミラーリングユニットとニーズに合わせた選択が可能になります。

NRUA-KM***シリーズ 主な仕様

HOST I/F: SATA 6Gbps
搭載SSDタイプ: M.2 SATA 2242,2260,2280に対応。容量は128GB〜
(型番の ***部分が容量を示します)
外形寸法: 100mm×70mm×12mm

受注開始は5月21日から、初年度の販売目標は2000台です。
今後薄型化を含めミラーリングユニットを シリーズとして開発することを計画しています。


なお、5月9日から5月11日に東京ビックサイトで開かれる 「第21回 組込みシステム開発技術展」の当社ブース(西13-36)にて本製品を展示いたします。


*NCQ(Native Command Queueing)
SATA I/FのHDDパフォーマンスを向上させるため、ホストコンピュータから複数のコマンドを受けつけ、それを並列処理し、HDD側で回転待ちの時間を短縮するため合理的な順に並べ替えて処理していく 最新技術。アクセスパターンによってはパフォーマンスが大幅に向上する。
*AHCI(Advanced Host Controller Interface)
SATAディスクを制御する規格でコンピュータの規格。HDDがNCQをサポートする場合はコマンドを複数同時に発行しSATAのメリットを引き出すことができる。
*IDE(Integrated Drive Electronics)

AHCIが普及する前からある規格で古い製品との互換性をとるために使われるが、NCQなどの新しい機能はサポートしていない。

記載されている会社名、製品名等は、各社の商標または登録商標です。
ニュースリリースの情報・仕様は、発表日時点のものです。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。

お問い合わせ先:株式会社ニューテック 第一営業部
TEL:0467-42-3831
E-mail:sales_oem@newtech.co.jp
報道関係様E-mail:ad@newtech.co.jp

ページの先頭へ戻る