2015/11/9

InterBEE にて計測技術研究所・ニューテック共同の4K映像実働デモ展示を実施

株式会社ニューテック(本社:東京都港区、代表取締役社長:笠原 康人、以下ニューテック)は、幕張メッセにて開催される国際放送機器展 InterBEE 2015において、株式会社計測技術研究所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:渡辺 祐二、以下計測技術研究所)と共同で40GbEを経由した4K映像の記録再生実働デモを行います。最大4GB/sec 超えの安定したデータ送出をストレージ全域で提供することができるニューテック製 NAS CloudyIII Plusに高速ネットワークを組み合わせることで、映像機材の新たな方向性を示すものです。

計測技術研究所は1973年設立、アナログHDTV黎明期から、各研究機関向けの高解像映像機材の開発提供を始め、4K対応非圧縮レコーダ UDR-40S、UDR-N50A、4Kコンバータ QMCシリーズなどを開発、発表してまいりました。同時に海外メーカーからの製品提供も20年以上にわたり行っており、現在では業界の標準機種と言っても良いAJA Video Systems社製品を、同社の設立当初から国内市場に提供し、映像、放送関係業界で広く使用されています。

ニューテックは1982年創業、ストレージ製品販売を展開後、自社製RAIDコントローラーを搭載したSupremacyシリーズをもって国産RAID装置の開発、製造メーカーへと変化を遂げてまいりました。従来は科研系、IT系、サーバー系マーケットでの事業展開を進めてまいりましたが、InterBEE 2014において8G FC SANと同等の性能を享受できるNAS製品CloudyII+ (後に CloudyII Plus )を実働展示し、各方面からの注目をいただきました。その後、ニューテックが提唱するNASによるSAN環境の更新提案に沿って実績を積み上げてまいりました。

今回の展示ではニューテックブースに設置したCloudyIII Plusと計測技術研究所ブースに設置したワークステーション間を40GbEで接続し、AJA Corvid Ultraを使った4K映像の運用デモを行います。

Inter BEE 2015共同出展概要

NAS側に使用したCloudyIII PlusはWindows Storage Server 2012R2 を搭載するため、CALの制限に縛られずに複数ユーザーからサーバー 内部に置かれた映像データをそのままファイル共有を行うことが可能となります。SMB3.0 をサポートするクライアントOSと、RDMA をサポートするNICの組み合わせにより、高速のデータ移動・利用が容易に可能となります。この共有機能はWindows Storage Server 2012R2 自身が標準搭載しているため、SAN環境で必要であったライセンスコストは発生しません。またクライアント数の増減、故障入れ替えなどの際のメンテナンス操作も容易になります。

ストレージサーバー側をより強化することで、40GbE、Infiniband (56Gb)、100GbE と言った高速のネットワーク環境を有効に活用できる余地を残してあり、共有環境越しでは困難と思われていた非圧縮4K、8K の取り扱いも現実的なものになります。

Inter BEE 2015共同出展概要 Inter BEE 2015共同出展概要

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いします。
株式会社ニューテック
TEL:03-5777-0852
E-mail:ad@newtech.co.jp

ページの先頭へ戻る

Copyright Newtech Co.,Ltd. All rights reserved.