2005/01/07

ニューテック サーバ関連製品を強化 ATEN社のKVM・ドロワー製品の取り扱いを開始

− − 複数台のサーバを集中管理 − −

株式会社ニューテック(本社:東京都港区、社長:笠原 康人)は、ストレージ製品が収まるラックキャビネット内に収まるKVM・ドロワー製品の取り扱いを開始しました。単独販売の他、システム提案への組み込みなどでの拡販を目指し、年間売上げ5,000万円を目標とします。
国内ベンダーへも数多くOEM提供しているATEN社製のKVM・ドロワー製品と自社のネットワークストレージ製品(NAS)やサーバ製品と組み合わせ、トータルソリューションとしてのシステム販売を目指します。特にIPリモートスイッチ「CN-6000」はLAN越しにサーバを制御でき管理者負担を削減します。
KVM製品との組み合わせで多台数のサーバ管理を実現します。将来的には製品ラインナップを増やし、マルチプラットホーム環境でのソリューション展開を目指す。


ATENジャパン株式会社について
ATEN社は1981年に創業し、過去23年間にマーケットの拡大を体験して来ました。主要製品のKVMスイッチは、エンタープライズサーバの管理と合理化の分野では欠くことのできない製品となりました。また、KVMスイッチは会社や家庭で使用されるパソコン環境でも幅広く使われる製品となりました。その他にもスイッチボックス、モニター分配器、インターフェイスコンバータ、ネットワークコンバータ、IEEE1934製品、USB製品などの数多くの製品を取り揃えております。
ATEN社はワールドワイドで拠点を有し、台湾本社をはじめ、中国、ベルギー、カナダ、アメリカ、そして日本に拠点があるグローバル企業です。


※ニュースリリースの情報は、発表日時点のものです。その後、予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。

本製品に関するお問い合わせは、下記までお願いします。
お客様:営業部 TEL: 03-5777-0852 E-mail: sales@newtech.co.jp
報道関係様:E-mail: ad@newtech.co.jp

ページの先頭へ戻る